Honey-Star company(跡地)

こちらでの活動は終了しました。今後の展開は新ブログへ移行します。
<< MEMORY,NOW | main | サーカス観てきた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP -
すけーと。
録画しといた女子フィギュア見てた。

キム・ヨナ選手が圧倒的得点で一位。
女子の世界歴代最高点記録という評価については、
フィギュアに詳しくないので置いといても、
素人の感想としては、通して見てて飛びぬけて完成度の高い、
綺麗な演技だったと思った。納得の一位。すごかった。



それはともかく、フィギュアの採点方式は、
なんというか、素人には分かんないんだよなあとあらためて感じる。

オリンピックでやるからには、スポーツのはずだけど、
リスクを背負いつつ、身体能力の限りを尽くして
難度の高いジャンプをやることと、
安定感を重視して美しく華麗に演技を魅せること、
得点の比重は今、結局どっちにあるんだろうとか。

男子選手の方の抗議を見るに、
今は「競技」から「演技」寄りになりつつあるみたい。


正直、フィギュア素人にとっては、
何回転飛んだからすごい、とかよくわかんなくて、
一回転少なくても綺麗に着地して、ミスなく最後まで通す方が
「出来映え」が良く見えがちだと思う。
自分なんかももろにそうだし。

だから、演技が重要視されるのは自然な流れかとも思うし、
フィギュアを、「演技を競うスポーツ」だと
考えるなら全然アリかもしんないし、
でも、あくまでも「運動技能を競うスポーツ」としての
フィギュアを好きな人にとっては、
そういう流れは楽しいものではないんだろうなとか、
ネットで関連記事あさっててちょっと感じた、かな。



追記
スタイルが良いこともそれ自体が、大きな武器なのかな。
直接採点基準にはなくても、見栄えに影響してくるとこだし。
同じようにジャンプやっても、顔小さくて足細くて長い人の方が、
ごつくて脚短い人より、華麗に見えるだろうし。
| - | 23:53 | - | trackbacks(0) | ↑TOP -
スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - | ↑TOP -
この記事のトラックバックURL
http://miki-memory.jugem.jp/trackback/730
トラックバック
無料カウンター
HoneyStarCompanyについて。
whoPブログ
カレンダー。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
最近の更新記事。
月別。
SPONSORED LINKS
モバイル。
qrcode